2015年09月02日

本部レベル8の俺の配置


本部から少し離して、防塁の外側に
単独で防衛するかのようにドームセントリーガン1を配置。
これはLV3。本部レベルに対して、防衛に力を入れていない雰囲気にする。
A10が直線上で攻撃できる近い位置に貯蔵バンカーを置き、さらにオトリとして目立たせる。
役に立たないパトリオット(LV1)を A10の攻撃範囲に入るか入らないかの微妙な位置に配置。
初期攻撃をここに集中させる。
そしてここが敵の進入口になる。
できればセントリーガンと貯蔵バンカーは防塁の壁を挟んで設置し
第1次攻撃で この防塁が壊れるようにしておくと ここが狭い入り口になる。




兵器研究所のアンテナにかぶせるように右上に大砲を配置した上で
大砲の真左にラリーフラッグを置く。これで大砲が回転してもまあまあ発見されない。
また、発見されヘルファイヤミサイルの第2次攻撃に会ったとしても特に問題は無い。
残ればラッキー。大砲はレベル3。
ラリーフラッグは奇襲部隊でもスパイダードローンでもいいが 必ずパトロールさせておく。
ここに集まっていれば空爆される可能性が高い。




99%の敵はドームセントリーガン1が存在した場所から進入してくるので
木に隠したり隠さなかったりで その位置を囲むように警備塔を設置。
攻撃側はなぜか警備塔を軽視する傾向にあるが 警備塔も最強レベルまで上げておけば
下手なセントリーガンよりも随分強力だし 連射性能が魅力。




侵入口から離れた裏側に木があれば その木陰に大砲を配置。
ヘリから降りた瞬間に背後からも攻撃が加えられるとともに
敵の攻撃を分散させることも出来る。
フレアを使わざるを得ない状況を作り出し、空爆を防ぐ。





本部は木の密集したあたりの下に配置。
そして本部の右上角に最高にLVを上げた大砲を配置。
完全に隠れる。
本部を攻撃し始めると意地になって撤退しようとしない傾向があるので
本部が持ちこたえている間に大砲が火を放つ。





ドームセントリーガン3・4や警備塔は 
射程が本部の左角をおさめる程度に離れた位置に配置。
大砲をサポート。




さらに本部の裏の林にはラリーフラッグ2本。
スパイダードローンを最高レベルで配置してパトロールはさせない。
すべてのスパイダードローンが木陰に隠れている状態を作る。
本部に敵車両部隊が近づけば 木陰から一気に飛び出してくる。

製造系・貯蔵系は ドローンたちを隠した林の裏に分散配置。
まずは本部を叩き、そのあとゆっくり製造系・貯蔵系をヤろうとするのが攻撃側の心理。
ここを潰せばあとは楽だと思うものだが
その前に叩いてしまうので こちらの資産もそこそこ安泰。
敵は第3次空爆ができずにイライラを募らせ 最終的には敗北or退却。

この配置にしてから 攻められてもほぼ負け無し。
資産もそこそこ守れてます。


 今、ハマってますw
 


posted by イナズマジョニー at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン初心者
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
IMG_1930.JPG
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。