2014年05月14日

金のおむすび @セブンイレブン 焼鮭・生たらこ・いくらの醤油漬け

IMG_4883.JPG

Newsになるほど絶好調らしい。
金のおむすび。

最近、セブンでは金色のやつ買っておけば間違いないという。
 

 
IMG_4884.JPG

味うんぬんはちょっと横に置いておいて




IMG_4885.JPG

まずはこれを褒めたい。





IMG_4886.JPG

むちゃくちゃに開封しやすい!
こういうおにぎりは うまく開けられなくて
海苔の角っこがパリって破れてパッケージの中に残って
「あーもったいなかー」ってならん?
これ、そうなる確率0.13%。
まず失敗しない。





IMG_4892.JPG

海苔に無数に開いているという0.2mの
四角錘で開けた穴は発見できなかった。
※クマクラ





IMG_4888.JPG

たらこ(167円)。
明太子の国の人間としては たらこなどヒトテマ足りない明太子。
なぜ明太子があるのにたらこも在るのかが良くわからない。
福岡あたりのスーパーで 生たらこはなかなか見かけません。

で この生たらこ。
うまいなぁ・・・ 昆布の味わいがジャストすぎる。
濃すぎず薄すぎず米の味を邪魔せず。
生まれて初めてたらこがウマイと思った。(2回目やけど)





IMG_4890.JPG

それはこの焼鮭(186円)も同じ。
米も海苔も鮭も塩も すべてが主張しない。
「もの足りない」と「味濃い」のちょうど真ん中を走る味。






IMG_4894.JPG

いくらの醤油漬け(204円)でさえ 同じ。
醤油の味を前面押し出してその味わいでメシを食うものだと思っていた。
いやらしくない。生臭くない。
このいくらだけほじり出して食いたい衝動に駆られるが
それはこの高バランスを自ら突き崩すものと理解しているのでやらない。




IMG_4891.JPG

それぞれに書いてあるうたい文句の中に
米の産地やブランドは書いてない。
産地指定・ブランド指定よりも セブンブレンドのほうがウマイということか。
うん実際うまい。その米の甘さ・旨さでさえ控えめで高バランス。
米・海苔・塩・具が四位一体となったときにこそこの味わいは完成する。
いや すばらしい。
3個食えばファミレスの高めのランチくらいの価格はするが
それに匹敵・・・いやそれ以上の満足感が訪れる。




IMG_4898.JPG

できれば金の紅茶(Hot)で味わいたかった。
っつーか金の紅茶ばセブンで最近見かけんっちゃん! なくなったとー?
夏でもホットで飲みたいくらいやのに!

 




posted by イナズマジョニー at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンビニMANIAX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
IMG_1930.JPG
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。