2014年03月11日

無題

3年前 マクドでメシ食ってた。
周りがなんか騒がしい。
みんな変な顔で携帯見てる。
ワンセグでTV見る。
漁港が水浸し。
お風呂でザバーしたときみたいに。

各地の状況です。10cmです。15cmです。3cmです。
そんな報道しか見たこと無かったから
あぁ港の掃除大変だなって それくらいしか思わなかった。

そこから数分でカメラは切り替わった。
映し出される情景は一変した。

次の日 
バイク乗りと遊ぶ約束は断った。
とてもそんな気にはなれなかった。
誰かと話さないと死にそうな気がして
知り合いのところに行って3時間くらい話した。

次の日
テレビはずっと関係の報道ばかり。
新しい情報が出ないのか同じ映像ばかり。
そりゃそうだろう。報道どころか救助でさえ現地に到達できない。
公園へ行った。
家にいてもつまらないのだろう。
子供たちがたくさんいた。
遊んだ。天気が良かった。暖かかった。
走って転んでケツポケに入れていた缶コーヒーが潰れて
コーヒーがデニムを汚した。
芝生に寝転がった。眠った。寝てなかったから。


 
 
 
若い子らはすべての経験が新しいので 
それが悲惨な情報であっても 新しい情報を得ることに慣れている。
老人はすべての事に経験値が高く達観している。
俺らはまだ人の死に慣れていない。
せいぜい親・親族くらいで、同じ世代が死んだという情報は数えるほど。
そのくせ その情報だけは 
数少ない経験であるがゆえ 深く脳に刻まれている。
安定を好む年齢に入りかけていて
同世代の死に激しく感情移入する。

何かが成せるかもしれないのに何も出来ない。
この便利な世の中で 未曾有の困難に立ち向かう人らを救う方法は
まだきっちりとは確立されていないことに大きく戸惑う。
それが数年も続くことになるとは
マクドナルドを食っていたときにはまだ解らなかった。

たぶん まだ 数十年は続く。
懐古するには まだ 数十年はかかる。
 


posted by イナズマジョニー at 14:37 | 思うこととか・・・
IMG_1930.JPG
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。