2013年11月11日

オムすび @ セブンイレブン

IMG_8224.JPG

コンビニおむすび至上最大の革命。
この革命的おむすびを君はもう経験したか?
流れに乗り遅れるな!

 
IMG_8226.JPG

その名は「オムすび」
語源はおむすび。
オムスビではない。
オムすびである。
なぜオムのみがカタカナなのか。
オムライスのオムである。
なんというネーミングセンス。
なんという決断力。
なんというわかりやすさ。




IMG_8227.JPG

リコピンがどうとか完熟トマトがどうとか
そんなことはどうでもいい。
「オムすび」
ネーミング力において 他のコンビニのどのおむすびも
いや 全コンビニのおむすびのどれであっても
この「オムすび」のネーミング力には敵わない。





IMG_8228.JPG

そして さすがのセブンイレブン。
ネーミングだけでどうにか売ろうなどという安い考えはさらさら無い。






IMG_8230.JPG

全体をまとうすばらしいクォリティの黄色は
食べる方向を気遣った巻き方。





IMG_8231.JPG

つまりは最後までタマゴとチキンライスのハーモニーを堪能させるべき巻き方。
最尾のヒトクチまで黄色を舌に感じさせようという気遣い。






IMG_8232.JPG

人類が生み出した最良の組み合わせ
卵とトマト。
その調和を最大限に生かす味わい。





IMG_8234.JPG

濃すぎず薄すぎず
そのバランス感覚は
さすがコンビニ界の雄であるセブンイレブン。
その名に恥じぬ味わい。





IMG_8235.JPG

いや それをも超越。
「オムすび」という今世紀最高のネーミングセンスを
決して汚しはしないという維持とプライド。





IMG_8236.JPG

食べ進める毎に感じるその意思。
それが「オムすび」





IMG_8237.JPG

あなたはセブンイレブンの店頭で
これを見逃して他のおむすびに手を伸ばすことはできない。
それが「オムすび」


 


posted by イナズマジョニー at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンビニMANIAX
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
IMG_1930.JPG
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。