2013年05月29日

AURO(アウロ) No.171 天然樹脂ハードワックスで水周りを塗る

IMG_1540.JPG

No.690で床にワックスを塗ったわけですが
水周りはやっぱりちょっと不安。
ちゃんと撥水効果はあるから大丈夫ですよってAUROの人言われたけど
それでもやっぱ不安やん?
水はいいんだけどさ 醤油とかソースとか豚骨とかさぁ。


 

IMG_1538.JPG

今まではこまめにこまめにNo.680ワックスシートで拭いてたのね。




IMG_1539.JPG

ウェットティッシュみたいな感じで
しゃかーって拭くとワックスもかかっていくんだけど
No.171を塗ると
もうこのウェットティッシュ的お掃除はできなくなるんだって。





IMG_1541.JPG

それでも超撥水効果がほしい俺はNo.171を塗る!
使い方は車にワックス塗るのと同じ要領だと教えてもらった。
それなら昔、めっちゃやってたぞ!シュアラスター使いの俺だ!





IMG_1542.JPG

くっ・・・・ WAXが取れない。
ちっともスポンジに乗ってこない。





IMG_1543.JPG

膜が張ってるのを剥ぐ。
なんか甘い匂いが広がる。
これいいわー。
原料に蜜蝋が入ってるからかな?




IMG_1544.JPG

よし OK。




IMG_1545.JPG

塗る!
超撥水させたいし ガッツリ塗る!(←間違ってますw)
いや 俺ががっちり塗るのは
塗り残しをゼロにしたいから。




IMG_1546.JPG

うは!!!!!
超光る!
っつーか超艶!
っつーか超ベタベタwwww
だがこれは予測どおり。



IMG_1548.JPG

ガシガシ空拭き。
まさに車と同じやね。




IMG_1549.JPG

ほら しっとり。





IMG_1550.JPG

AURO(アウロ) No.690 天然水性オイルワックスのみ仕上げ状態。
※クリックで拡大 640*480



IMG_1551.JPG

AURO(アウロ) No.171 天然樹脂ハードワックスを上塗り状態。
※クリックで拡大 640*480

若干艶ってるかなー ってくらいの違い。
指触乾燥時間(指で触っても大丈夫な乾燥時間)が4時間
完全乾燥がなんと4週間という気の長い話なので
4週間後には落ち着くのかな?





IMG_1554.JPG

脱衣所の木枠と木幅木にも塗る。
床には塗らない。
なんでか言うと この木に見える床だけはクッションフロアだからw
わからんでしょ?見た目では。
最近のクッションフロアすごいよね。
壁紙汚さないようにしっかりマスキング。




IMG_1555.JPG

ここはもうカラブキしない勢いで厚塗り。
力の限り擦り込んで 無垢材の導管の奥の奥まで
限界まで染み込んでいくように。
※これが正解かどうかはわかりません





IMG_1560.JPG

やっとマスキングはがせた・・・


 



ってーわけで一連のAUROワックス作業は一応終了。
やー たのしかった。
やっぱ木はいいよ。木は。
無垢材サイコウ。

 

これね レビュー書くと割引しますよ!って書いてあったんで
それなら書きましょう書きましょうって感じで書いたレポなんですが
いや それ以上に楽しかった。一連の作業が。

そんで今。
懲戒的! あ・・・いや 超快適!
「無垢材は部屋の調湿機能もあって気持ちいいですよ〜」って
篠崎さんと藤木さんに言われてたんだけど 正直 ( ´_ゝ`)フーン って感じだったのね。

いや 調湿機能すばらしい。
ついでに言えばパインの柔らかさもすばらしい。
AUROの人ありがとう。


 


 


posted by イナズマジョニー at 01:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | AURO
この記事へのコメント
失礼します。
生の声が聞きたくて書き込みさせていただきます。
今 フローリングの無垢材を何にするかで悩んでいます。
パインはやわらかくて傷がつきやすいと聞きますがどうですか?
Posted by 宮本 at 2013年06月12日 21:11
質問が不快なようでしたら承認せず削除ください。
Posted by 宮本 at 2013年06月12日 21:12
>>宮本さん

 迷惑なんてとんでもない!
 私で役に立つことなら・・・

 私が昔住んでいたマンションはそれはそれは硬いフローリングでした。
 なんの材だったかは覚えていません。
 室内履き必須。
 硬くて硬くて裸足で歩くとすぐに疲れていました。
 その代わり少々のモノを落としても傷がつきません。
 先日友人が新築しまして犬を買っている関係上 硬い床材を選びましたが
 まったく同じ事を言っていました。

 私が記事にした床材はパイン。
 おそらくはレッドパイン。
 柔らかいです。
 裸足の感触がとても心地よいです。
 針葉樹ならではのフィトンチッド効果なのかとても心地良いです。
 ビックリしたのはその温度。
 冬はじわっと温かく夏は軽くひんやり。
 無垢材全般の特徴である調湿効果も暖光効果も吸音効果も
 昔のマンションより強く感じます。

 棚は杉です。
 これまた針葉樹ですごく柔らかいです。
 ちょっと何かコンと落とそうものならすぐに傷です。
 ですが私はそれも"味"だと思っています。
 無垢ですからそのうち反ったりするんでしょう。
 それも"味" というか 早く軽く反ってくれないかとさえ思います。
 早く味わい深くなって欲しいです。
 さんざん悩んだ上でのパインですが 最良の選択だったと思っています。
 文句は今のところひとつもありません。

 そしてAURO。
 施工直後に感じた木の心地良さをほぼ損なうことなく
 毎日快適な裸足生活です。
 もちろんこれには「自分でやった」感も多く含まれていますw
  
 参考になりましたでしょうか?
 
Posted by イナズマジョニー at 2013年06月13日 01:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
IMG_1930.JPG
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。