2012年09月01日

【上下から】ペヤング激辛カレー焼きそば【だばぁ】

PeyCur2012_0826AA.JPG

みのるちゃんからココで情報もらいました。

いやぁ・・・
「油断ならない辛さ」って・・・


 


 
PeyCur2012_0826AB.JPG

あのさぁ。
そんな食い物出しちゃだめだって。
それもう遊びの域やん。




PeyCur2012_0826AC.JPG

フィルム剥いて解った。
なんとクラシカルな容器でしょうか。




PeyCur2012_0826AD.JPG

そりゃ【だばぁ】するわ。
こんなクラシカルな容器も最近じゃ珍しい。





PeyCur2012_0826AE.JPG

どっちの袋が辛いんだ?




PeyCur2012_0826AF.JPG

まぁまさか
このキャベツが辛いわけじゃないだろうしねw





PeyCur2012_0826AG.JPG

作る。





PeyCur2012_0826AI.JPG

ソースをフタの上であたためて
たのしみたのしみ 180000ms





PeyCur2012_0826AJ.JPG

しまった!!!
低性能湯切りを開くのを忘れていた!!!




PeyCur2012_0826AK.JPG

爪楊枝でほじくり出す。




PeyCur2012_0826AL.JPG

片手でお湯捨てながら撮影とかすると
ほんとにだばぁしそうなのでやめました。




PeyCur2012_0826AM.JPG

かけはじめた瞬間 
キツめのカレーの匂い。




PeyCur2012_0826AO.JPG

よく混ぜる。
さて・・・











































PeyCur2012_0826AP.JPG

まず一口目からゲフる。
かなりゲフる。
ゲフってゲフって8回目くらいから
ピリる。舌・唇・喉がピリる。
ピリっていたのがジリる。かなりの勢いでジリる。
そしてヒリる。Superヒリる。




PeyCur2012_0826AQ.JPG


フタクチ目からは さらにヒリ度上がる。
ヒリ度=38万hili(推定)
喉・胃もその攻撃を浴びる。
カレー度もそこそこ高いのだが
それも既に感じない。






PeyCur2012_0826AS.JPG

ビールがなくなるという緊急事態。

これは 俺が最も嫌う「痛辛」。
やみくもに辛味を増したおかげで
痛点を刺激しまくるので 
その他のウマミを感じる機能さえ奪い取られ
その後は その痛みだけを感じる辛さ。






PeyCur2012_0826AT.JPG

残すのは嫌いだから絶対に食う。

この商品はふざけている。
明らかに企画段階からふざけている。
話題になって1回売れればそれでいいやと思っている。
社長以下全員が「うまいものを世に出すんだ!」と思って世に出した商品ではない。
これは おふざけ。
中途半端にうまいカレー焼きそばなんか作っても 
そんな売れないし話題にもならないという観点から企画されている。






PeyCur2012_0826AW.JPG

焼酎では痛みは増すばかり。




PeyCur2012_0826AX.JPG

マヨシュウマイが効かない辛さなど・・・





PeyCur2012_0826AY.JPG

次の日の朝。
辛さに耐久性のない俺は・・・




注意書きしてるやん? で許される世界なのか?
これはダメなんじゃね?と思う。 

 
とはいえ 法に触れているわけでもなく
嫌だったら二度と食わなきゃいいわけで
いたずらとかには最適かもねw
いいんじゃない?
時折、遊び心のある商品作っても。
今度は「ペヤング激甘あんこカレー焼きそば(奈良漬風味)」とか出してください!
必ず食いますから。


 


posted by イナズマジョニー at 19:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文句とか・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
IMG_1930.JPG