2011年04月08日

男女7人秋物語



はるか昔 まだまだ若くて蒼い学生だった頃
今井良介(明石家さんま)に憧れてました。
時代はバブル絶頂期。
30代前半 独身 中間管理職。
なんとも中途半端な感じで 自由な感じで
でも何かを追い求めながらも 日々を平凡に過ごしている感じが
すごく普通で少し悲哀で
等身大のカッコ良さがあったんです。
そんな30代になりたいと強く思っていました。
 


沖中美樹(岩崎宏美) の意外な美しさに気づき
でもやっぱり島村一枝(手塚理美) の妖艶さに惹かれ
かわいいけれど小泉ひかる(岡安由美子) のイラキャラにハマり
高木俊行(山下真司) のイラキャラに さらにイライラし
大沢貞九郎(片岡鶴太郎) のデニーロ的カッコ良さにシビれるわけです。

浮かれた時代ではあったけれど
恋愛に関しては 男女ともにとても真剣だったあの頃。







正直言えば 神崎桃子:大竹しのぶ に一番イライラした。
こいつなんかいなけりゃ みんなHappyなのに!って
いっつもいっつも思ってた。
健ちゃん(柳葉敏郎)とくっついときゃいいやないかっ!って。


あんなに憧れたけれど
しばらく経って 30歳を過ぎての頃の俺は
ぜんぜん違う形で生活してたわけで・・・


私は夏より秋派。
そしてSHAKATAK は今でも圧倒的にオシャレ。
 

 


いやぁ いまだにムカつくわ。
絶対に美樹さん選ぶべきだったって!!!

昭和だなぁ・・・・




posted by イナズマジョニー at 06:07 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゆーつべ
この記事へのコメント
こういうのも出ます!「男女7人夏物語」(1986年)「男女7人秋物語」(1987年)のサウンドトラック的扱いの2作品を含むライト・フュージョン傑作4作品が21年振りに最高の仕様で復活します!日本人好みの"NIGHT BIRDS"路線を追求し、日本のみで発売された傑作としもて知られる!バブル期の日本を彩ったおしゃれ「美GM」!

■Shakatak / イントゥ・ザ・ブルー(1986) NCS775
■Shakatak / ゴールデン・ウイング(+1)(1987) NCS776ボーナストラック+1
■Shakatak / ダ・マカニ 〜潮風のストーリー(1988) NCS777
■Shakatak / ナイトフライト(1989) NCS778
http://tower.jp/article/feature_item/77502

■最新リマスタリング ■K2HD マスタリング ■初回生産限定
■最新解説 : 金澤寿和(LightMellow) ■オリジナル・ジャケット使用 
■税込価格各 \2,100(込) ■プラケース仕様 ■発売日2011/06/15(水)
Posted by LETTER FROM DIAMONDLAND at 2011年05月06日 22:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
IMG_1930.JPG
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。