2009年03月23日

WBC2009 final Japan VS Korea

bbl0902242259015-p2.jpg

やぁ期待はしてたし 
そんな風になったらぜったいおもしろいとは
そうは思ってたけどさ。
まさかこんなにみんなの思惑通りになるとはw
WBCどころかこりゃ「日韓ベースボールクラシック」だわ。

1にも2にも 明日は岩隈。
兎にも角にも先取点を取られないこと。
それが勝利の秘訣。


 bbl0903100631000-p10.jpg

こいつ!
こいつ要注意。
1番センター李容圭(イ・ヨンギュ)。
ちょこちょこヒット打つし
アタリマエやけど足速い。



123635838787616410332.jpg

6番ライト秋信守(チュ・シンス)
韓国チーム唯一のメジャーリーガー。
1次ラウンドでは所属のインディアンズから
守っちゃダメ 3試合しか出ちゃダメと妙な縛りをつけられてたけど
その縛りも無くなってパワー全開?





20070130202052.jpg

このお相撲さんがまたヤバい。
5番DH李大浩(イ・デホ)192cm100kg(たぶん120kg)
バッターボックスに入らなくてもこいつのツラは怖い。
元はピッチャーだったと聞いてさらに怖い。
なんだかちょっと不振気味だけど 
決勝ともなれば・・・



bsr0903091726024-p14.jpg

やっぱこいつ。
韓国不動の4番金泰均(キム・テギュン)
ノーステップからグルン!とバット回して打球はドキュン!と飛び出す。
強靭な下半身と柔らかな腰。
正直言ってこの人のバッティングフォームは超カッコイイ。
メジャーも日本球団も狙ってる。
内は腕を縮めて芯に当ててくるし
外は伸ばせば充分に手が届くし右に運べる。
どこ投げりゃいいのか・・・・




mlb0903092035013-p11.jpg

そしてコイツだ!
奉重根(ボンジュングン)。
元メジャーリーガーでブレーブス・レッズに在籍。
なんと高校2年でアメリカに渡りメジャーリーガーになったという、韓国版マック鈴木。
背番号51はイチローに憧れてつけている。
イチローと奉重根のめっちゃいいお話

対日本 防御率0.83 失点1。
先の戦いはよく解らず未知の相手に打てなかった日本。
でも今度は違う。
打線は上向き データも取った。
いいお話はいいお話で 
あぁ選手レベルでは日韓のわだかまりなど無いんだとわかって
ちょっと一安心なんだけれども
それはそれ これはこれとして・・・




wbc004.jpg

さぁ!決戦だ!


 


posted by イナズマジョニー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | WBC−V2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
IMG_1930.JPG
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。